明けない夜はない

気になったこと、感じたことを情報発信しています。

wi-fiルータを使うデメリットは?

f:id:autonomi-ataxia3104:20161011010031j:plain

 

 

みなさんこんばんは!

前回はモバイルルーターと格安SIMを使って、デザリングできない問題を解決するという記事を書きましたが、今回はモバイルルーターを使うことのデメリットについて、触れたいと思います。

 

autonomi-ataxia3104.hatenablog.com

 

モバイルルーターを使うデメリット

 

♰モバイルルーターを持ち運ぶ必要がある

ネット環境をモバイルルーターに1本化すると、移動するたびに一緒に持ち運ぶ必要があります。

カバンなどに入れておくなら負担にはなりませんが、移動のときでもポケットに入れて持ち歩くのは面倒くさいと思います。

また、持ってくるのを忘れてしまうとその間はネットが使えなくなってしまいます。

そのため、ルーターに1本化するよりもシェアプランなど2枚以上のSIMカードを活用するのがおすすめです。

通常はWi-Fiルーターで接続し、ちょっとした移動のときはスマホ単体でも通信できるようにしておくといいでしょう。

持ち運ぶ荷物を増やしたくない方はスマホでのテザリングを検討したほうが良さそうです。

 

 

 

♰充電管理が2倍に

スマホとモバイルルーターと、端末が2倍になるため、2台分のバッテリー残量を気にする必要があります。

とはいえ、スマホやタブレットを充電するタイミングで一緒に充電したらいいので私自身はそこまで億劫に感じていません。

モバイルルーターも、最近は少しずつバッテリー容量が増えてきているので、1~1.5日に1回程度の充電で間に合っています。

外出先でバッテリーが切れても普段からモバイルバッテリーを持ち運べばAndroidと同じmicroUSBから給電可能です。

 

♰使うたびに、電源を切り替える必要がある

接続する端末とモバイルルーターのバッテリー節約のため、使わない時はルーターの電源をオフにしています。

それだとネットに接続したい時に、モバイルルーターの電源を起動してから使用しなければならず、使いたい時にすぐ使えません。

そんなストレスを解消するには「Bluetooth接続」がおすすめです。

常時接続状態にしていても電池消耗がごくわずかで長時間接続できます。

Wi-Fiルーター側では常時ONにした状態でカバンの中に入れて、接続するデバイスでBluetoothをONにして接続する方法がおすすめ。

通信速度などWi-Fi接続と比べて劣る部分もありますが、格安SIMはキャリアと比べてそこまで速度が出ないので大きな影響はないと感じます。

動画視聴など速度を求めるときはWi-Fi接続に切り替えて使うなど、用途によって切り替えることでとより快適に利用できます。

 

いかがでしたか?

今回はモバイルルーターを使うデメリットに触れてみました。

モバイルルーターを購入されている方は、年々増えてきているのですが、購入した後に思っていたことと違って、後悔してしまうこともあるかと思います。

事前にモバイルルーターの料金や、メリットとデメリットを把握したうえで購入されたほうが後悔しなくて済むと思います。

 

広告を非表示にする